遮熱塗料(高日反射率塗料)

​をおすすめしています!!

屋根・外壁の温度上昇を抑制

  遮熱塗料は屋根や外壁・屋上に塗装すると夏場の日射が多いときに熱の吸収を抑制して、建物の内部への熱料の進入を抑え、室内温度の上昇を緩和します。この遮熱塗料を屋根に塗装した場合、最大で約15℃~20℃の屋根の帳面温度を低下させることができます。

室内空調費の省エネ化

  建物の形状や立地、使用環境や用途、断熱性により大きく異なりますが、室内では約1℃~3℃程度の低減効果が期待できます。一般に室内温度が1℃下がると約10%の空調費が削減できるといわれています。また、遮熱塗料を塗布することで屋根や外壁の温度を低くすることができるので、熱による素材への影響を低くすることができます。そのため、屋根や外壁を長持ちさせることができ、雨や紫外線による劣化を抑え屋根材や外壁材の寿命を長くすることができます。

 

※遮熱塗料は環境省が推進する「環境技術実証事業:ヒートアイランド対策技術分野(建築外皮による空調負荷低減技術)」でその性能が証明されており、環境省で実証された技術です。

他にも…

​超低汚染弱溶剤形アクリルシリコーン樹脂クリヤー工法

                   (クリーンSDトップ)を採用しています

近年、戸建て住宅の外壁で増えているのが、多彩調、石積調などの高意匠性デザインサイディング。このようなサイディングの塗り替えは、従来のエナメルで塗装すると新築時のデザインや趣を損なうことになりかねません。当社が採用しているクリーンSDトップは、超低汚染弱溶剤形アクリルシリコン樹脂クリヤー塗装なので、高意匠性のデザインサイディングの美観を長期にわたって維持することができます。

つまり、、、紫外線(UV)や雨から外壁を護ることができるのです。

クリーンSDトップの特長

超耐久・超耐候性

  高耐候性を示すアクリルシリコン樹脂と特殊な紫外線吸収剤と光安定剤【HALS(ハルス)】の三つの効果によりサイディング基材の劣化を防ぎ、長期間にわたり超耐久・超耐候性を発揮します。

超低汚染性

  特殊セラミック成分を複合化することにより塗膜の表面が親水性になるため、雨による洗浄作用が働いて、長期間にわたって優れた低汚染性を示します。

優れた密着性

​   アクリルシリコン樹脂の強靭なシロサキン結合によりサイディング下地に対して優れた密着性を示します。